SEOにこだわる必要はない!短期間でアクセスを集めたいならGoogle広告がオススメ

てつ
てつ
こんにちわ。
ANDのてつです。

 

みなさん検索結果で上位表示を狙うSEOにめちゃくちゃ興味ありますよね?僕もよく知人から相談受けたりします。
成功すればタダでたくさんの人に見られるわけだし、やってみたいと思われる気持ちも理解できます。

 

でもあれって結構時間と労力がかかるのご存知ですか?
コスト換算すると実はめちゃくちゃ人件費がかかってたり、機会ロスを生んでたりすることも。。。

 

もちろんSEOも大事にしてほしいんですが、今回はもう1つ、アクセスをてっとり早く集める方法としてグーグルの広告についてご説明したいと思います!

 

Googleの検索結果で上位に表示される「SEO」。アクセスを増やすにはSEO対策はとても効果的ですが、ある程度成果を出すまでに時間がかかります。

そこで、今回紹介するのは手っ取り早くアクセス数を伸ばしたい場合に有効な「Google広告」です。

本記事では、Google広告の仕組みや種類について解説します。

そもそもGoogle広告とは?

Google広告とは、Googleが提供するクリック課金制の広告サービスのことです。

以前まで「Google Adwords」という名前だったのが、2018年7月に「Google広告」という名称に変更されました。

Googleの検索結果やGoogleと提携しているサイトやブログなどにテキスト広告、イメージ広告、動画広告などの広告を掲載することができます。

皆さんも、何か検索した際に上の方に「広告」と記載されているリンクを見たことがあると思います。それが、このGoogle広告です。

あと、YouTubeで流れる広告もGoogle広告の1つです。

Google広告を活用することで、アクセス数の確保につながります。

てつ
てつ
“クリック課金” “YoutubeもGoogle広告”ってこと重要~

Google広告の5つの特徴

その1:クリック課金制度

Google広告では、広告を出してもそれがクリックされなければ費用はかかりません。

クリックされた分だけ支払うので、広告費の無駄がないというわけです。

その2:低価格で広告を出せる

「その1」に関連しますが、通常の広告サービスを利用するとサイトに掲載するだけでかなりの費用がかかりますが、Google広告ではクリックされた分に応じて料金を支払うので低予算で済みます。

その3:広告内容をいつでも変更できる

広告内容を自由に変更できるというのも大きな特徴で、通常の広告サービスでは基本的に広告掲載期間が終わるまで内容は変更できません。

しかし、Google広告なら広告内容だけでなく、予算、広告の配信開始や停止などもいつでも変更可能なんですよね。これ、めっちゃありがたい!

その4:ターゲットを細かく絞られる

広告を配信する地域や時間帯など広告を出すターゲットを細かく絞られるのもGoogle広告の大きな特徴です。

自分が出す広告を求めているユーザーに対して広告を発信するのでより高い成果が期待できます。

その5:オークション式で広告を配信

Google広告のおもしろいところは、オークション形式によって広告を配信するということです。

「入札単価」、「広告の質」、「広告表示のオプション」によって広告ランクが決まります。

単純に高い単価で入札すればいいわけではなく、キーワードやLP指標など品質スコアを上げて、ユーザーにとって有益な情報を提供するかが広告の上位表示でとても重要になります。

てつ
てつ
ユーザーが検索した意図に沿った広告を表示してあげましょうねってことです。
美味しいコーヒー検索したのに、ラーメンとか検索結果で表示されたら「はぁ~?」ってなりますよね(笑)

 

そういうことです。

Google広告の種類

Google広告には2つの種類があります。

その1:検索ネットワーク

検索ネットワークは、先ほど述べたGoogleの検索結果の上や下部分に「広告」というラベルと一緒に表示される広告のことです。

その2:ディスプレイネットワーク

ディスプレイネットワークは、テキスト広告、イメージ広告、動画広告としてYouTubeやWebサイトなどに表示される広告です。

ディスプレイネットワークは数百もの大規模サイト、数十万もの専門的なサイトで構成されているので、より多くのユーザーにより多くの場所でより頻繁にメッセージを伝えることができます。

てつ
てつ
検索ネットワークは顕在化したお客さんに見てもらいたい広告に、ディスプレイネットワークはこれから商品や会社の知名度を上げたい場合に有効ですよ!

【おまけ】リマーケティング広告

リマーケティング広告は、サイトを何かしらの理由で離れた人に再度訪れてもらうための広告です。いわゆる、リピーター促進効果です。

サイトを訪れる約9割以上の人は、コンバージョンせずにサイトを離脱してしまいます。。。かなしい。。。
(※コンバージョン・・・商品購入や資料請求、来店予約などの消費者のWEB上でのアクション)

皆さんも経験があると思いますが、例えばテレビを購入しようとあるサイトを訪れた際、その1つ目のサイトで購入に至りますか?

おそらくほとんどの人が別のサイトを見たり、アマゾンや楽天を見てみたりいろいろ比較・検討すると思います。

電化製品店に足を運んだ際でも少しでも安い場所があれば自転車に乗って別の場所に移動するかもしれません。それが、インターネットになればマウスを動かして別のサイトに移動するだけなので比較・検討をしない方が珍しいです。

どの商品を取り扱うかにもよりますが、Google検索で表示されるようなリスティング広告よりもこのリマーケティング広告の方が成約率が高いともあるデータで出ています。

Google広告を出す際は、このリマーケティング広告も検討してみるといいでしょう。

てつ
てつ
通常“リマーケ”
みなさんも以前見たことあるサイトが別サイトを見ているとバナーとかで表示されたりって経験ありません?
それ、追いかけられていますよ(笑)

 

でもこれは商売する側からすると結構効果的だったりするんで是非試してみていただきたいですね!

リマーケティング広告を始めるための基礎知識

リマーケティング広告を始める前に、以下の2つを抑えておきます。

リマーケティングタグ

リマーケティング広告を始める際は、CVタグの他にリマーケティングタグを設置します。

このタグを設置したサイトを訪れたユーザーにクッキーというものが与えられ、そのユーザーを追跡することができます。

リマーケティングリスト

そして、リマーケティングリストは上記のリマーケティングタグを持っている人をグループ化したものです。

ページを訪れたユーザーの特徴を把握し、どのようなユーザーをターゲットにするべきか決定します。

まとめ

てつ
てつ
いかがでしたか??
今回はGoogle広告のほんとに“さわり”の部分をご紹介させていただきました。
ブログを書きためてSEOももちろん頑張っていただきたいのですが、効果が出るまでにはかなり時間もかかることも考慮すると、
初めは広告で手っ取り早く集客をして、その間にSEOを仕込んでおいて効果が出てきたタイミングで徐々に広告を減らしていくというのが賢いやり方かなと思います。

 

ちなみに同じような広告でYahoo広告もありますが、Google広告から先にチャレンジされた方がベターだと思います。理由はGoogleにはAIがすでに搭載されているので。

 

是非、Google広告やったことがないって方はチャレンジしてみてください!

 

ではまた~。

おすすめ記事

ブログ記事一覧