簡単Web見積り

サーバーの引越しを成功させるコツ〜メールの取りこぼしを防ぐ〜

みなさまこんにちは。たいらです。

そろそろ年末も押し迫ってきました。
新しい年に向けて心機一転、もしかしたら、「サーバーの乗り換え(サーバーの引越し)」を検討されている方もいらっしゃるかもしれません。

平良
平良
いや、話の展開が、無理がありすぎ…

サーバーの引越しに伴うメールの問題

ANDでは、既存のサイトのリニューアルをお受けすることがよくあります。

その場合、お客さまが契約されているサーバー上にそのまま新サイトを公開する場合もありますが、ANDで管理するサーバーへ引越し(移転)していただくこともあります。

一般的にも、A社のレンタルサーバーを契約していたけれど、B社の方が費用が安いので、B社のレンタルサーバーに乗り換える(引っ越す)といったことはよく行われています。

そのようなサーバーの乗り換え・引越しの時、メールサーバーも一緒に引っ越すことが多いです。
しかしこれがなかなか難しいところがあります。
メールを送ってこられる方は、今サーバーの切り替え中であることは知リません。
サーバー切り替えの作業中でも、メールが来る可能性があります。
そのような時に、「メールの取りこぼし」が起きないように、気をつけながら作業する必要があります。

サーバー引越し後でも、旧サーバーにメールが届くことがある

サーバーを引っ越す前は、元のメールサーバー(旧メールサーバー)を使って、メールの送受信が行われています。
サーバーの引越しが完了した後は、新しいメールサーバーで、メールの送受信が行われるようになります。

しかし、引越し後の約1〜2週間、「DNS浸透期間(プロパゲーション期間) 」と呼ばれる「魔の期間」(ちょっと大げさすぎ…) があります。
これは、メールが、たまに旧メールサーバーで送られたり、新メールサーバーで送られたり、不安定な挙動をする可能性がある期間です。

この期間は、誰かがあなたにメールを送ったとき、旧メールサーバーに向かって送られることがあります

もし、その時に旧サーバーが解約済みだったら、「メールの宛先が存在しない」となって、メールを送ってくれた人を驚かせてしまいます。
ですので、新サーバーに引っ越した後、すぐに旧サーバーを解約するのは、やめた方がよいです。

1ヶ月ぐらいは、旧サーバーと新サーバーが両方稼働している状態にしておいた方が安心です。

平良
平良
サーバーの引越し直後に、すぐに旧サーバーを解約しない方がよさそう。

そして、旧サーバーに到着したメールを取りこぼさないようにするため、しばらくは、旧サーバーのメールと、新サーバーのメールを、両方受信する設定にしておきましょう。
この辺りについては、メールの設定をANDがお受けしている場合、大汐や浜村が皆さまの元にお伺いして、設定させていただいているかと思います。

てつ
てつ
何度もこういう設定してきたよー
浜村
浜村
ご用命いただければ、私たちがお伺いします!

旧サーバーにメールが届くことも無くなって安定してきたら、旧サーバーの解約を検討して大丈夫です。

もう一つ気をつけること

ただ、もう一つ、気をつけるポイントがあります。

それについては、次回、たいらが書かせていただくブログで、お伝えしたいと思います。

そして、サイトリニューアルを考えていらっしゃる方は、ぜひANDにご相談くださいませ!

来年もよろしくお願いいたします

2023年もみなさまのお力になれるよう、スタッフ一同精進してまいります。

今後ともよろしくお願い致します。

おすすめ記事

ブログ記事一覧